炭水化物ダイエットって、どんな方法なのか、知っていますか? 炭水化物ダイエットとは、簡単に言うと、普段の炭水化物の摂取量を極端に減らすダイエット法です。 私たちは普段から、多くの炭水化物を摂取しています。 私たちの主食であるお米、パン、うどん、パスタなどが、炭水化物です。 この炭水化物を、1日20グラム程度に減らします。 ご飯でいうと、大体1口ぐらいです。 この炭水化物の摂取量を2週間ほど続けて、体内にある炭水化物のエネルギーを消費してしまいます。 それから、炭水化物の摂取量を少しずつ増やしていきます。 その時、体重の変化をチェックします。 体重が減量しなくなって、増え始めるところがどこかをチェックするのです。 そして、体重を安定させて、体重を維持します。 体重を維持するには、炭水化物の摂取量も一定のところでキープしなくてはなりません。 炭水化物を減らすことで、簡単に痩せることはできますが、炭水化物の摂取量と体重をキープするのは、とても大変なことです。 単純に一時的に炭水化物の摂取量を減らして、また戻すとリバウンドしてしまいますから、注意してください。